初めての養育で感動ことや奥様となる女子の偉大さに気付いた実態について

ずっと夢見ていた育児を、ついにすることになりました。今日、お産をして望ましいわが輩を四六時中お業界話。
幸せな四六時中だと思っていましたが悲しさの永続だ。
午前中は、子が寝ているときに、喧しくないファミリーを行います。便所手入れや湯船手入れ、洗濯だ。
子が起きると、授乳をしてお散策にいきます。外が好きなのかお散歩しているとすぐに寝てしまう。
しかし、家に帰るとギャン泣きで、なかなか寝てくれません。

昼過ぎは、自分と主要人のごちそうを作りますが、やはり相手方やるのか泣いてしまい抱っこして通常ランチタイムが、なかなか
作れませんので困ります。

アームが離せない身を見て主要人は、子をお湯船にいれてくてたり、レクレーション相手になってくれたり
育児を手伝って貰える。

きめ細かい主要人なのですが、子の育児や保育園など、子の法律に関して、あたいに任せるとしか
言ってくれないので悩みを打ち明けても、意味がないのでやるせないし、身が決めて失敗するとあとから
自身は、こうなると思っていたと、まるでその後醸し出しじゃんけんのように発言して攻めてくるので辛いです。

育児にピンポンがいるなんて言わないですが、四六時中眩しいわが輩が面白く幸せに暮らして欲しいので
いろいろ考えています。エタラビで全身脱毛するには?