養育の大変さがわかった機会と今後の事業について夫婦で企てる

一人暮しで取り次ぎで勤めるときは、人物恋人の本業より、自分が好きな息子と対する保育士の本業が羨ましく思えて、ものすごく楽そうに見えていたのが本音でした。年俸も小さいらしきし、そこまでゆゆしくなく面白く頑張れるのかな?と思っていました。
でも取り次ぎの本業を辞めて婚礼し、息子がおる今日、それは一大過ちだったということを知りました。
毎日している時ずっと息子の恋人をできるしんどさ、眠れない辛さ、自分の間隔がまったくないストレス、本当にスピリットが崩壊する直前でした。
なんとか幼稚園や保育園にいれるまではがんばらないと、と連日必死の思いで育ててきました。
41箇月から息子が幼稚園へ伺うようになり、少しだけど自分の間隔ができ、毎日のしている時で自分の間隔を秘める要所の大切さ、安眠の入り用を改めて感じました。

今まで楽だろうと思っていた幼稚園保育園の医者陣の本業、1人でも息子を育て上げるのは一大のに、もっと多くの人数を障碍装いて掛かる医者陣。本当にエラい。
幼稚園の医者陣が、女神に見えるくらい、我々は心にスペースをもって、毎日を過ごせるようになりました。
医者陣には、連日御礼の気持ちでいっぱいだ。

息子は1人で育てられない要所、周りの協力があって初めて成り立つ要所、母になって、色々なことを今でも授業させられている。婚活サイトで良いサイトは?